犬の膵炎の治療法って?費用や予後の対策を分かりやすく解説

犬の膵炎の治療法って?費用や予後の対策を分かりやすく解説

犬の膵炎・治療

 

このページでは、膵炎を発症した愛犬への治療法と、かかる一般的な費用目安についてなるべく端的にわかりやすくご紹介していきます。

 

その前にまず、膵炎という病気について簡単に説明させて頂き、病気の原因や発症した時の症状について触れておきますね。

 

※目次を開くと見たい項目へジャンプ出来ます

犬の膵炎について

犬の膵炎について

 

膵臓は、膵液という消化液を生成し十二指腸へ送り出す働きをしています。複数種の消化酵素が含まれる膵液は様々な栄養を分解したり、胃液で酸性になった食べ物を中和したりと、犬の腸内の消化活動をサポートします。

 

また、血中にある糖分量を調節する役割も担っています。この膵液が逆流し自分の膵臓を溶かしてしまう病気が膵炎で、下痢や嘔吐、腹痛といった症状をともないます。

 

 

膵炎を発症した犬の症状は?

 

ここでは、膵炎を発症したワンちゃんの症状について簡単に説明します。犬の膵炎には「急性膵炎」と「慢性膵炎」がありますので、それぞれ解説していきます。

 

 

急性膵炎の症状

 

急性膵炎での主な症状です。

下痢・嘔吐・食欲不振(食べようとしない)・激しい腹痛・発熱・黄疸・消化管出血

 

などといった激しい症状が現れますので、はっきりと具合の悪さが見て取れるようになります。他機能不全を起こし命を落とす可能性もあります。

 

 

慢性膵炎の症状

 

慢性膵炎での主な症状は以下の通りですが、急性膵炎のように激しいものではなく、長期にわたり症状が継続します。

下痢・嘔吐・痩せてくる・食欲不振・脱水症状・ヨダレが多くなる

 

一見すると、消化器系の病気と区別がつきにくいのが特徴です。進行すると黄疸や低体温症などの症状が追加され、糖尿病・高脂血症などを併発するケースも少なくありません。

 

犬が膵炎になる原因とは?

犬が膵炎になる原因

 

安い市販のドッグフードなど、高脂肪の食事が原因になる場合が多いとされています。肥満になると膵炎の発症リスクが高まるからです。また、抗ガン剤を使用していたり、農薬の蓄積など薬害を原因とする場合や、ストレス去勢手術を行った後なども膵炎の発症リスクを高めるようです。

 

あと、ホルモン系疾患である、クッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)、甲状腺機能低下症、糖尿病などから、2次的に膵炎を併発するケースも多いと報告されています。

 

 

犬の膵炎を診断する検査方法って?

犬の膵炎・検査方法

 

獣医師の問診により、毎日の食事の内容、下痢や嘔吐などの症状を飼主さんに確かめるところから始まります。問診によって膵炎の特徴的な症状を確認した後、血液検査で膵酵素値の確認を行います。

 

また、エックス線(レントゲン検査)・超音波(エコー検査)などを併用して診断をします。その際、他の消化器疾患でないかどうかなどの確認も行います。

 

 

膵炎を発症した愛犬への治療法について

犬の膵炎・治療方法

 

実は、膵炎には特効薬というものがありません。そのため、症状をおさえるための対処法的な内科治療を主軸に置いた治療が一般的です。体の中でも大事な役割を担う膵臓は、手術で切除するという選択肢はごく稀なケースになります。

 

絶食

食事をすると膵臓が活発に働いてしまい、症状が悪化するので炎症を抑えるためにも絶食して膵臓を休ませます。水を飲んでも同じように膵臓が働くため水分も断ち、2日から3日程度は点滴による栄養補給だけで過ごして様子を見ます。

 

投薬治療

炎症や痛みを緩和するため、点滴を行って膵臓や体全体の循環を改善させるようにします。痛みがひどいときは痛み止めの薬を投与したり、嘔吐がひどい場合は吐き気止めなどの投薬を行います。

 

食事療法

急性膵炎では症状が激しいため、絶食や点滴・投薬など緊急的な対処治療を優先して行いますが、急性膵炎の予後や慢性膵炎では、食事管理も非常に重要な役割を果たします。

 

膵臓に負担を掛けない低脂肪・高消化性タンパク質・腸内環境の改善などに配慮された食事・療法食を選ぶようにします。犬の膵炎での食事の注意点や、病気に適したフードについては、⇒「犬 膵炎 食事」のページで詳しくご紹介していますので、是非一度ご覧になって下さい。

 

 

膵炎の治療にかかる費用は?

犬の膵炎・治療費

 

人の場合は健康保険や任意保険などに加入していますので、検査や薬などの治療代も安く済みますが、愛犬には健康保険が適用されません。ペット保険に加入している場合は良いのですが、多くの飼主さんはペット保険に入っていないので気になるところだと思います。

 

そこで、治療費の目安について触れておきたいと思います。もちろん、病院などによっても違いはありますが、参考になればと思います。

 

受診料:600円程度
血液検査:17,000円程度
レントゲン検査:7,000円程度
超音波検査:7,000円程度
点滴:4,000円程度
注射1本:1,000程度
手術費用:100,000円程度(腫瘍による急性膵炎の場合は手術することもあります)
入院費:6,000円程度

 

大型犬だともう少し高くなるようですが、薬の卸価格などはそう違いは無いと思いますので、目安程度で参考にしていただければ幸いです。

 

 

高脂血症への食事療法とも共通する

高脂血症にも注意が必要!

 

膵炎を発症する原因の一つに、糖尿病・クッシング症候群・甲状腺機能低下症といったホルモン系疾患との合併症があげられますが、肥満から膵炎を発症するケースも少なくないというのは、前述したとおりです。

 

肥満は高脂血症を招きやすいですし、合併症を伴っている場合にも高脂血症をケア・予防する必要があります。高脂血・高血糖トラブルを抱えがちな膵炎の犬は高脂血症対策にも目を向けなけきゃいけないんです。高脂血症ケア・予防は、膵炎予防・ケアにも繋がります。

 

犬の膵炎向けの食事は、高脂血症にも配慮したフードが理想といえます。

 

こちらで詳しく解説しています。

▼ ▼ ▼