犬 糖尿病 フード お勧め

愛犬の糖尿病対策フードのお勧め@食事のポイントも!

 

このページでは、糖尿病になった愛犬への最適な療法食ドッグフードのご紹介と、食事療法での大切なポイントを解説しています。

 

 

「病気に適したドッグフードを探している」

 

 

「病院食を食べてくれない」

 

など、愛犬の食事管理でお困りの方には是非ご覧頂きたい内容になっています。また、犬の糖尿病の症状や原因、治療法などについても端的に解説します。

 

まず、糖尿病には、1型糖尿病と2型糖尿病がありますが、犬に多いのは1型糖尿病で、インスリンというホルモンの分泌量が低下し、血糖値が高くなります。犬の糖尿病の治療ではインスリン投与が行われますが、糖質制限などの食事対策も欠かせません。

 

※1型糖尿病:インスリン欠乏型

 

※2型糖尿病:インスリン分泌不全&インスリン抵抗性(十分に作用しない)

 

食事療法では、「糖質制限」「低脂肪」「タンパク質などの栄養補給」「腸の健康」といった、病気に適したポイントを押さえたフード選びが重要になります。しかし、市販のドッグフードにはなかなか良い物が見当たりません。

 

また、病院食や動物病院でも流通している療法食は、食いつきが悪かったり、海外製品で添加物が入っていたりして、病気の愛犬の食事で頭を悩ませている飼主さんも多いんです。

 

ここでご紹介する「特別療法食のドッグフード」は、人工添加物を一切含んでいない100%無添加で、犬の糖尿病で臨床栄養をすべて満たしています。さらに、動物栄養学にしっかり基づいた免疫力の維持や病気ケア・予防に優れ、かなり効果を期待できる純国産のドッグフードを厳選しました。

 

小売店での販売は行われておらず、Amazon(アマゾン)や楽天市場でも取り扱いが無いため、実際の口コミで評判になっている、本当に実力のある安全性も高い、本物の療法食ドッグフードです。

 

目次を開けば読みたい項目から確認できます。

糖尿病の愛犬におすすめなドッグフード

 

犬心 糖&脂コントロールの特徴

・今までになかったナチュラル療法食(高脂血症・高血糖対策に)
・糖尿病と併発しやすい犬の6疾患と肥満を同時にケア
・臨床栄養をクリアした、完全無添加フード!
・糖尿病を発症した犬の栄養学に基づいたレシピ。
・使用原材料・製造まで、すべて国産の純日本産で安心!
・食いつき抜群のリピート率95%以上
・食い付きチェックの無料サービスあり

価格
3kg 6,400
評価
評価5
備考
送料無料 定価7,800円(税別)⇒ 6,400円(税別)※無料お試し200g有り
犬心 糖&脂コントロールの総評
犬心は最新の動物栄養学に基づいた、糖尿病の犬への臨床栄養を備えたナチュラル療法食ドッグフードです。

糖尿病は高脂血症や膵炎など、他の病気を誘発しやすく、既に合併症を持っているワンちゃんも多い病気です。
犬心の凄いところは、糖尿病の他にも、「高脂血症(脂質代謝異常症)」「膵炎」「クッシング症候群」「甲状腺機能低下症」「胆泥症・胆嚢粘膜液嚢腫」「肥満」といった、併発しやすい合併症対策として、これら全てを同時にケアできるというところです。
当該疾患を持っている愛犬にと、犬心を購入された飼主さんの95%以上がリピートしていて、病院食を食べてくれないワンちゃんにもおすすめです。
また、無料で試せる200gの無料サンプルを先に貰うことも出来るので、安心して試すことができます。
※フードは今のものに少しづつ混ぜるようにして、全切り替えしないよう注意すれば、ほとんど食べるようになるそうです。

薬膳レシピ!みらいのドッグフード

みらいのドッグフードの特徴

・高タンパク低脂肪の薬膳レシピ!13種類の療法食ラインナップ!
・犬の糖尿病・白内障には「特別療法食TO(糖尿病・白内障用)」がおすすめ!
・最新の動物栄養学に精通した製薬会社が開発!
・製薬会社ならではの漢方素材も高配合!
・業界初、犬のマクロビオティック思想を導入
・腸活+口腔ケアのダブルの効果!
 1、腸の健康を整える「腸活」作用
 2、犬の唾液の、量や質・食欲・内臓・消化・新陳代謝や脳の働きなどにも影響を与える「犬の口腔環境」にも考慮した歯磨きパウダー付き!
・鹿肉メインの贅沢な高消化性のタンパク質!
・公式直販限定の定期購入40%OFF!30日間返金保証付き

価格
3s 3,200
評価
評価5
備考
送料無料 定価9,600円(税別)⇒ 3,200円(税別)
みらいのドッグフードの総評
製薬会社が開発した薬膳レシピのナチュラルドッグフードです。

ドッグフード初、犬のマクロビオティック思考を取り入れ、無農薬のマクロビ発酵素材や、腸活をサポートするスーパーキノコなどの漢方素材も豊富に配合されています。
口腔ケアが、犬の消化や代謝を助けることにも注目し、自然原料の歯磨きパウダーも付属します。
13種類のライナップがあり、糖尿病の愛犬には「特別療法食TO(糖尿病・白内障用)」がおすすめで、その他症状や合併症に合わせた細かいチョイスが可能。
公式サイト限定の最安値定期コースは、40%OFFで継続義務無しという安心の価格設定。
さらに、30日間の返金保証が付いており、実質無料で試せます。
みらいのドッグフードは各疾患別の特別療法食があり,公式ページ最下部のメールアドレスから愛犬の病気の状況を相談出来ますので、合併症を伴っている場合などは購入前に問い合わせてみても良いかもしれません。

 

犬が糖尿病になる原因・症状・治療法について

 

犬が糖尿病を発症する原因や、その症状・治療方法について簡単にまとめておきます。

 

糖尿病になる原因は?

 

一番多い原因とされているのが、毎日の食事・ドッグフードです。吸収率の高い糖質・炭水化物を含む高カロリーな市販のドッグフードや、おやつの与え過ぎによって犬の血糖値が上がり糖尿病を引き起こすというものです。

 

それに、運動不足によって血液中の糖分が十分に使われないと糖尿病のリスクは高まります。屋内犬が増えた現代社会では、運動不足のワンちゃんも増加していて、食事・ドッグフードの問題と運動不足が重なりやすいので、肥満・メタボから糖尿病を発症す犬が増えているのが現状です。

 

また、膵臓にトラブルを抱える膵炎、高血糖がちになるクッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)や甲状腺機能低下症といった病気の合併症として、糖尿病を発症するケースも多いんです。

 

あと、糖尿病の原因として言われているのは遺伝的・先天的に、プードルやダックスフンドが糖尿病を発症しやすい犬種だと言われています。

 

 

どんな症状が現れるの?

 

糖尿病を発症すると見られる症状については以下の通りです。

 

食欲旺盛でよく食べているのに痩せる
お腹周りが膨れてくる
多飲多尿
白内障などの併発

 

 

治療方法について教えて?

 

犬の糖尿病においてはインスリンの絶対的な分泌量が不足するので、それを補うためインスリンの投与を行います。ただ、犬の大きさや年齢、食事の内容などによって個々に適切な量が異なるので、定期的な獣医師による検査が必要です。

 

インスリン量が多すぎると低血糖になり、少なすぎると効果がありません。今は家庭でも簡単なインスリン注射が可能になっていますが、愛犬の状態を見ながら適量を見極める必要があるので、獣医さんとの連携は必要不可欠です。

 

 

※犬の糖尿病の原因や症状、治療や予防法などについて詳しく調べたい場合は、こちらの「⇒ 愛犬が糖尿病になる原因@病気のメカニズムや治療法は?」のページに分かりやすくまとめていますのでご覧になって下さい。

 

 

そして、犬の糖尿病治療で欠かせない重要な役割を果たすのが食事療法です。いくらインスリン投与を行っていても、食事管理がいい加減だと病気が進行したり合併症のリスクが高まります。逆に、食事療法がしっかり出来れば、健康な状態を維持する事も可能だし、寿命をまっとうすることも出来るのです。

 

次は、糖尿病を発症した犬の食事で大切なポイントについて解説します。

 

 

愛犬が糖尿病になった時の食事のポイントは?

 

犬の糖尿病では、血糖値をコントロールできるような食事が推奨されています。ここでは、押さえておくべき食事療法のポイントを4つに分けて簡単に説明します。

 

>>>> 食事のポイントを押さえたフードについてはこちら<<<<

 

糖質を制限すること

糖質の制限

 

血糖値が上昇しやすい糖質は制限する必要があります。砂糖やブドウ糖などはもちろん、白米の御飯やパンなどは高血糖に繋がりやすいです。

 

また、糖の吸収を穏やかにするため、犬に適した食物繊維・難消化性の炭水化物を与えるようにします。炭水化物の与え過ぎは良くありませんが、エネルギー源になるためある程度は必要なのです。

 

食物繊維についてですが、野菜類の食物繊維は犬の腸に負担を掛けるので、穀物・いも類などの食物繊維を与えるようにします。穀物・いも類は、犬の胃腸に適した食物繊維・炭水化物を含んでいるので、犬の糖尿病の食事療法に適しています。

 

 

脂質を摂り過ぎないようにする

低脂肪

 

糖尿病を発症している犬は、高脂血症・膵炎・クッシング症候群・甲状腺機能低下症といった病気を併発しやすい関係性を持っています。これらは高脂血が深く関係する疾患のため、血糖値だけでなく、中性脂肪・コレステロールにも注意を払わないといけません。

 

合併症の危険性を視野に入れ、高脂血ケアを行うことも重要で、低脂肪な食事、ドッグフードを選ぶ必要があります。高脂肪な食事やドッグフードは避けるようにしないといけません。

 

 

タンパク質など栄養バランスを考慮する

タンパク質などの栄養バランス

 

犬の糖尿病では、タンパク質の補給はしっかりと行う必要があります。ただし、過剰なタンパク質の摂取は血中アミノ酸(タンパク質の素となる成分)を増加させ腎臓障害を引き起こす可能性が高まるため、あくまでも適量を見極めることが大切です。

 

また、糖尿病の利尿状態などにより崩れたミネラルバランスを考慮し、適切なミネラルバランスを含んだ食事やドッグフード選びも重要です。

 

 

腸の健康を保つことの重要性も考慮する!

腸の健康に保つこと

 

最新の研究結果により注目されているのが、腸内細菌のバランスと、犬の健康状態の相関関係です。人の糖尿病にも言えるらしいのですが、糖尿病を発症している犬は腸内細菌バランスが崩れている傾向にあるんです。

 

犬の腸には7割もの免疫細胞が集中しています。腸内環境を改善させ善玉菌を増やすことで免疫力スイッチがONになり、糖質などを食べてくれるので血糖値が下がりやすくなるわけです。

 

また、善玉菌が出す成分は、脂質や糖質を絡めとって犬の体の外へと排出させるものがあって、善玉菌をアップさせることで、糖質を吸収させずに排出させ、血糖値上昇から守ってくれるわけです。腸の健康に目を向けた食事、ドッグフード選びも重要なポイントになります。

 

>>>> 食事のポイントを押さえたフードについてはこちら<<<<

 

 

手作りで食事療法を実践したい?

手作りで食事療法

 

糖尿病を発症した愛犬の食事のポイントについては前述したとおりです。良いドッグフードが見当たらず手作りしようと思っている方もいると思います。

 

しかし、食材選びや栄養知識、避けなければいけない食材や調理による成分の変性などをすべて考慮して手作りするのはかなりの負担になりますし、食事療法という観点から見ても安全性に不安が残ります。

 

アメリカで行われた調査では、獣医師が処方した手作りの療法食のうち、臨床栄養を満たしたものは全体の10%程度だったという結果が報告されています。病院食であったとしてもこうなのですから、飼主さんが手作りするのはおすすめ出来ません。

 

糖質を制限すること
脂質を摂り過ぎないようにする
タンパク質など栄養バランスを考慮する
腸の健康を保つことの重要性も考慮する!

 

これらを踏まえた安全性の高いドッグフード選びが重要です。また、病院で多く流通している療法食フードは添加物が含まれていたり、食べてくれないことも多いので、味が良くて無添加なナチュラル療法食のドッグフードが良いでしょう。

 

>>>> 食事のポイントを押さえたフードについてはこちら<<<<

 

 

(糖尿病に適したフードの詳細⇒ 犬心・療法食ドッグフードの評判は?|効果があるか検証した結果!

 

(糖尿病に適したフードの詳細⇒ みらいのドッグフードの評価は良くない?口コミを徹底的に調査した!

 

 

高脂血症への注意も重要なポイント

高脂血にも注意

 

犬の糖尿病では高脂血を伴いますので、高脂血症などの合併症にも注意が必要なことは前述してきたとおりです。また、高脂血症を予防・ケアすることが糖尿病の予防ケアにも繋がります。

 

犬の高脂血症については、こちらの「⇒ 愛犬の高脂血症に最適なフード選び|無視できない合併症対策!」のページに詳細をまとめていますので、糖尿病との因果関係も深い高脂血症についても確認しておいて下さい。

トップへ戻る