犬 糖尿病 原因

愛犬が糖尿病になる原因@病気のメカニズムや治療法は?

間の生活習慣病としては良く知られている糖尿病ですが、最近では糖尿病を発症するワンちゃんも増加傾向にあります。

 

病気に気づかず放置してしまうと昏睡などの症状を引き起こし、命を落とす危険が高まります。しかし、早期に発見し適切な治療を施すことで血糖値をコントロールし、安定した状態を保つことも可能な疾患です。

 

そこで、糖尿病のメカニズムや正しい治療法について、なるべくわかりやすく解説していきます。

 

目次を開くと読みたい項目に飛べます

糖尿病という病気|そのメカニズムって?

 

犬でも発症する糖尿病という病気は、糖が尿と一緒に排出されてしまう疾患です。健康体であれば尿と一緒に排出されることは殆ど無いのですが、血中内の糖が異常増加してしまい、余分な糖が尿の中に混ざってしまうんです。

 

なぜ血中内に糖が異常増加するのかと言うと、膵臓で分泌されるホルモン、インスリンの分泌低下によって引き起こされます。

 

 

膵臓で分泌されるホルモン|インスリンの役割とは?

 

生命活動にはエネルギーが必須になります。筋肉などだけではなく、心臓や脳、肺や肝臓などの臓器だって、動かす細胞にはエネルギーが必要です。

 

そして、そのエネルギー源となるのが、フードや食べ物に含まれるブドウ糖で、摂取したブドウ糖は血流に乗り、体中に行き渡るようになっています。

 

しかし、普段の細胞には鍵がかかっているような状態なので、そのままではブドウ糖を取り込むことが出来ません。この時、細胞のカギを開き、取り込めるようにする役割を担っているのが「インスリン」というホルモンなんです。

 

食事をして血中内にブドウ糖が増加すると、膵臓でインスリンが作られてホルモンの分泌が開始されます。正常であれば、インスリンが働いて細胞にブドウ糖が取り込まれ、血液中の糖の濃度(血糖値)が下がるというわけです。

 

 

糖尿病を発症する原因は?

犬が糖尿病になる原因

 

糖尿病には2種類(1型と2型)のタイプがあり、それぞれ病気の原因はことなります。

 

 

1型糖尿病|その原因

 

膵臓の細胞で生成されるインスリンは、細胞が何らかの原因で疲弊し作れなくなることがあります。細胞が疲弊する原因については様々ですが、膵炎やクッシング症候群などの他疾患によるものや遺伝的なものが挙げられます。

 

他疾患でインスリンの働きを妨げるホルモン分泌があったり、他疾患への治療でインスリンの作用を妨げる様な薬を投与されているケースです。1型糖尿病は生涯にわたってインスリン投与が必要となり、インスリン依存性糖尿病とも言われます。

 

犬の糖尿病は1型に近いタイプが多いです。

 

 

2型糖尿病|その原因

 

2型糖尿病は、インスリンが膵臓で生成されているのに、インスリンを受け取る体の反応が悪くなってしまうことでブドウ糖をうまく取り込めなくなってしまう病気です。

 

運動不足や必要以上の食事量といった生活習慣に起因することが多く、早めに改善することが出来ればインスリン投与の必要はありません。

 

2型糖尿病は「インスリン非依存型糖尿病」とも言われています。しかし、インスリンをしっかり分泌していても、充分に活用することが出来ず、次第次第に細胞が疲れてしまい、インスリンを分泌できなくなってしまうこともあります。

 

このため、2型糖尿病から1型糖尿病に移行するケースも少なくありません。ちなみに、ネコには2型糖尿病が多いとされています。

 

 

糖尿病を発症しやすい犬とは?

糖尿病にかかりやすい犬糖尿病にかかりやすい犬

 

どういったワンちゃんが糖尿病にかかるリスクが高いのでしょうか?いくつか代表的な例を挙げてみましょう。

 

8歳以上の高齢犬

先天性で遺伝的な原因で若い犬でも発症することはありますが、基本的にはシニア犬で、8歳以上の高齢犬に多い傾向があります。年齢を重ねると膵臓も長期間働いていますから、病気を引き起こしやすくなるわけです。

 

性別で分けると「メス」の発症が多い

糖尿病にかかった犬の統計によると、オスよりもメスの発症数は倍にのぼるそうです。特に避妊手術を受けていない場合は発症率が高まるようです。正確な原因については判明していませんが、女性ホルモンが関与していると考えられています。

 

糖尿病にかかりやすい犬種がある?

これも、正確な原因については分かっていないそうですが、犬種によって糖尿病を発症しやすいわんちゃんがいると言われています。ビーグル、ダックスフンド、ミニュチュアピンシャー、ミニュチュアサウザー、プードルなどが、発症しやすいと言われています。

 

他の病気を抱えている

糖尿病が進むと、合併症として様々な病気を併発するリスクがあります。その逆に、他の病気から糖尿病を引き起こすケースも少なくありません。クッシング症候群、膵炎、甲状腺機能低下症、高脂血症など。

 

※それぞれの病気については別ページで詳しくご覧になれます。

 

・犬のクッシング症候群の詳細⇒ 「犬のクッシング症候群について

 

・犬の膵炎の詳細⇒ 「犬の膵炎について

 

・犬の甲状腺機能低下症の詳細⇒ 「犬の甲状腺機能低下症について

 

・犬の高脂血の詳細⇒ 「愛犬の高脂血症に最適なフード選び|無視できない合併症対策!

 

 

高脂肪の食事が多い

人間の場合も高脂肪食の摂り過ぎが高脂血・高血糖を招き、糖尿病に繋がることが分かっています。犬も同じで、高脂肪フードを与え続けることにより、糖尿病を発症するケースは多いとされています。もちろん、肥満気味ならば要注意です。

 

 

糖尿病を発症した犬の症状って?

犬 糖尿病 症状

 

糖尿病になってしまったわんちゃんには、様々な症状が現れますが、主なものを簡単に紹介します。

 

オシッコの量が増える

水を飲む量が増える

よく食べるのに痩せてくる

下痢や嘔吐が続く

 

血糖値(血中の糖の量)が上昇すると、溢れた大量の糖は尿と一緒に排出されるようになります。体内の水分は濃度の濃いものに寄って行く性質があり、糖に引っ張られるような感じでオシッコの量が増えるわけです。

 

尿量が増加することで脱水状態を引き起こすため、喉が渇いて水を飲む量も増えます。これが「多飲多尿」と言われる症状を引き起こす原因です。

 

 

特に危ない合併症は?

 

糖尿病を発症した犬は、病気が進行すると様々な臓器にトラブルを招きます。白内障や腎不全、肝障害や前述した疾患などを併発するリスクが高まります。

 

中でも特に注意したい危険な合併症が、糖尿病性ケトアシドーシスです。ケトン体という物質が増える糖尿病においては、ケトン体が血液を酸性にしてしまう為、ケトアシドーシスを引き起こします。

 

糖尿病を発症している犬に突然起こる合併症で、非常に危険な状態です。初めのうちは、食欲がなくなる・元気喪失・水も飲まない・下痢や嘔吐などといった症状があり、次第に意識障害や昏睡状態を招き、死に至る可能性が高まります。

 

糖尿病性ケトアシドーシスに至った場合は一刻を争いますので、直ぐに病院に連れて行き獣医師の治療を受ける必要があります。

 

 

診断方法について知りたい

 

糖尿病の診断方法についてですが、まず、わんちゃんの症状について獣医師の問診が行われます。嘔吐や下痢・多飲多尿の有無、食欲や体重の変化などについて、現在のワンちゃんの状態を確認する事から始めることが多いです。

 

そして、血液検査で空腹時の血糖値のチェックを行い、ケトン尿の有無などを尿検査によって確認します。ポイントとしては、「高血糖・尿糖」が同時に現れているかどうかという所です。

 

というのも、ストレスで高血糖を引き起こす場合があったり、腎臓疾患で尿に糖が混じることもあるので、「高血糖・尿糖」の両方を確認する必要があるからです。

 

問診で現状をチェックし、血液検査と尿検査で複合的に診断をするのが一般的です。

 

 

犬の糖尿病への治療方法は?

 

犬の糖尿病治療で大事なことは、血糖値のコントロールと合併症対策になります。主な治療法について分かりやすく3つ解説します。

 

インスリンの投与

インスリン注射

 

犬の糖尿病の場合、インスリン投与を必要とするケースが殆どです。ただ、個体によって適切な量が違う為、適量を見極めるため入院することも多いようです。

 

あとは、飼主さんがインスリン注射を行う事になりますが、インスリン注射自体は特別難しいわけではないので、獣医師さんに指導してもらい自宅で注射をしている飼主さんも大勢います。

 

気を付けておきたいのは、インスリンの適量は変化するので、定期的に病院に行き確認するようにしましょう。

 

 

インスリンの副作用

 

適量の見極めが大事なことは前述したとおりですが、適切な量を誤り、インスリン投与量が多すぎると「低血糖」となり、命に関わります。発作や震え、目に見えて元気が無くなったら獣医師に連絡するようにして下さい。

 

 

食事療法

犬 糖尿病 食事療法

 

インスリンの投与と食事療法は車の両輪です。血糖値に配慮したフードを選ぶようにしたり、獣医師の推薦する療法食などで食事の管理をしてあげる必要があります。

 

糖尿病を発症した犬の食事のポイントや適したフードの選び方などについては、「愛犬の糖尿病対策フードのお勧め@食事のポイントも!」のページで詳しく解説していますので、是非ご覧になっておいて下さい。

 

点滴|輸液

輸液や点滴治療

 

脱水やイオンバランスが崩れている場合には、輸液の点滴が必要になることもあります。

 

 

糖尿病の犬には「おやつ」は必要?

犬 糖尿病 おやつ

 

ドッグフードや療法食などでしっかりと栄養バランスがとれていれば、「おやつ」を与える必要はありません。

 

まして、糖尿病を発症している犬にとって、「おやつ」は避けるべきでしょうね。市販のおやつは高カロリーなものが多く添加物も含まれているのでなおさらです。

 

しかし、ご褒美として特別感を持たせやすい「おやつ」は、しつけなどに利用しやすいですし、愛犬とのコミニュケーションにも活用しやすいアイテムではあります。

 

インスリン注射を嫌がる場合などでご褒美として活用したりすることも考えられますが、どうしても「おやつ」を活用したい場合は必ず獣医師に相談して、量や素材について確認するようにして下さい。

 

 

高脂血気味なら

 

まだ糖尿病を発症していない状態だったとしても、高脂血気味なら食事の改善が必要です。糖尿病の予防・ケアとしても効果的な高脂血への食事について詳しくまとめたページがあるので、併せて確認するようにして下さい。

 

⇒ 愛犬の高脂血症に最適なフード選び|無視できない合併症対策!

 

 

最後に

まとめ

 

糖尿病を完治させることは難しく、ほとんどの場合、生涯にわたってインスリンの投与が必要になります。しかし、適切に血糖値のコントロールを行うことが出来れば、安定して、良好な状態のまま生活することが出来るのも事実です。

 

低血糖に注意して、定期検診と食事管理をしっかり行ってあげましょう。

 

犬の糖尿病への食事療法については、「愛犬の糖尿病対策フードのお勧め@食事のポイントも!」のページで詳しく紹介していますので、こちらもご覧になって下さい。

トップへ戻る