犬 甲状腺機能低下症 食事

愛犬が甲状腺機能低下症になった時の食事は?お悩みの方へ

 

犬の甲状腺機能低下症という病気は、甲状腺ホルモンの分泌低下が原因で引き起こされる疾患です。

 

甲状腺ホルモンは代謝を促進させる働きがあるため、少なくなると代謝トラブルを招き、高脂血症や肥満、糖尿病や膵炎などの合併症を起こしやすくなり、脱毛や衰弱といった症状を引き起こします。

 

治療としては不足した甲状腺ホルモンを投与するのが一般的ですが、並行して食事管理が必要不可欠になります。

 

このページでは、愛犬が甲状腺機能低下症になった時の食事について、重要なポイントや病気に適した療法食のドッグフードについてご紹介いたします。

 

病院ですすめられたフードをワンちゃんが食べてくれない手作りでの食事療法が難しくてよくわからない、そういった方の参考になればと思います。

 

甲状腺機能低下症と診断された愛犬の食事で、頭を悩まされている方のお役に立てれば幸いです。

 

※タップして目次を開くと見たい項目へジャンプ出来ます

犬の甲状腺機能低下症|押さるべき食事のポイントとは

 

甲状腺機能低下症を発症した犬は、基礎代謝の低下・高脂血・タンパク質生成力の低下・免疫力の低下、などといったような栄養代謝トラブルを抱えることになります。

 

このため、高脂血症などに起因する合併症を伴いやすい特徴があり、食事管理をおろそかにすると病気の悪化や合併症トラブルなど、様々なリスクが高まります。

 

ここでは、まず、犬の甲状腺機能低下症に適した正しい食事療法の注意点を4つに分けてご解説します。

 

 

低脂肪であること・摂取する脂肪は良質であること

 

甲状腺機能低下症を発症している犬は高脂血になりがちです。
このため、食事は低脂肪であることが大前提で、さらに脂肪の質についても配慮する必要があります。

 

特定の植物や魚などに含まれるオメガ3脂肪酸が有名で、高脂血症や甲状腺機能低下症などに有効とされ、様々な療法食ドッグフードにも配合されている良質な脂肪になります。
※オメガ3脂肪酸含有食品参考例 アマニ油・エゴマ油、サンマ・アジ・サバなど

 

また、酸化した脂肪も犬には良くないこともわかってますので、脂肪の酸化を防ぐため調理過程での高温加熱は避けるようにしなければいけません。

 

 

カロリーと糖質は控えめに!

 

甲状腺機能低下症になった犬は、甲状腺ホルモンの分泌低下により基礎代謝が落ちています。

 

当然、高カロリーな食事では太り過ぎて肥満になり、高脂血の悪化や合併症のリスクも高くなります。

 

食事療法のメニューは低糖質・低カロリーを意識しなければいけません。
基礎代謝の低下は血糖値の上昇しやすい状態なので、糖尿病をの併発リスクも高く、高脂血・高血糖に対応した食事を心がけましょう。

 

 

消化の良いタンパク質の摂取を!

 

甲状腺ホルモンの分泌が少なくなると、タンパク質を作る力も弱まります。

 

犬の甲状腺機能低下症では脱毛の症状を伴いやすいのですが、その原因の一つがこの、タンパク質生成力の低下なのです。
また、タンパク質を作る力が低下するため、筋力低下を招き、元気喪失に繋がるわけです。

 

このため、タンパク質をしっかりと補給してあげる必要がありますが、消化の良いタンパク質を選んで与えてあげなければいけません。

 

高熱処理された加工肉などは犬の消化に負担を掛け、脂肪分の酸化を招くため、新鮮な肉や魚などを80℃までの低温でさっとボイルするなどの工夫が必要になります。

 

※脂身の少ない肉の例:鶏ささみ・むね肉・馬肉・鹿肉・魚など

 

 

適量の穀物|犬に合う食物繊維を

 

これまでは、穀物類すべてが犬の消化に負担となり、さらにはアレルギーの元として敬遠するのが良いとされていました。

 

ところが、最新の動物栄養学では、犬に合った食物繊維を適量の穀物(低アレルゲンのもの)から摂取するほうが健康上有意義だということがわかったんですね。

 

食物繊維にも犬に合う合わないがあって、緑黄色野菜などの食物繊維は犬の胃腸に負担を掛けますが、穀物・いも類に含まれる食物繊維は善玉菌を増やし、中性脂肪・コレステロールを餌にして食べてくれます。

 

いも類はしっかりと茹で上げ、穀物は炊飯するなどして食事に少量混ぜ込んであげると良いでしょう。

 

※犬に合った穀物の参考例:大麦・玄米・ゴマなど

 

 

犬の腸内バランス|免疫力を育む力を!

 

犬の甲状腺機能低下症の原因の一つに自己免疫疾患があります。
要するに犬の体を守ってくれる免疫細胞がうまく機能していないため病気になってしまうということですね。

 

分泌低下した甲状腺ホルモンは、免疫細胞にも影響します。
このため、善玉菌を増やし免疫力をキープすることも大切で、βグルカン(免疫を刺激する成分)を含むキノコ菌や乳酸菌などが効果的です。

 

また、免疫細胞の大半が犬の腸に集中しているので、前述した食物繊維などで腸内バランスを整え、腸内の善玉菌が増えるような食事が必要です。

 

 

犬の甲状腺機能低下症に適した療法食ドッグフード

 

ここでは、甲状腺機能低下症の愛犬に最も適したドッグフードを紹介していきます。
甲状腺機能低下症を抱えた愛犬への食事のポイントを簡単にまとめると以下の5つになります。

 

1、低脂肪であること・摂取する脂肪は良質であること
2、カロリーと糖質は控えめに!
3、消化の良いタンパク質の摂取を!
4、適量の穀物|犬に合う食物繊維を
5、犬の腸内バランス|免疫力を育む力を!

 

これらを満たした食事を手作りするとなると、飼主さんにとって結構な負担が掛かることになります。

 

食材選びはもちろんですが、調理方法による栄養成分の変化や素材に含まれる栄養素、それに避けなければならない食材など、間違って与え続けているとかえってワンちゃんの体調を悪化させるリスクもあるからです。

 

そこでおすすめなのが、甲状腺機能低下症に適したレシピで作られたドッグフードです。
病院で食事療法の指導を受けたけど、よくわからないで困っている方、紹介された療法食やフードは食べてくれないので悩んでいる方などには、是非一度お試しいただきたいドッグフードです。

 

 

犬心・糖&脂コントロール


犬の甲状腺機能低下症という病気は、高脂血・高血糖を伴い、合併症のリスクが高い病気なので、併発する病気のリスクを視野に入れた食事ケアが理想と言われています。

 

犬心・糖&脂コントロールは、甲状腺機能低下症をはじめ、膵炎・糖尿病・クッシング症候群・高脂血症・坦泥症_胆嚢粘液脳腫という7つの併発しやすい病気と肥満をケア出来る100%無添加の特別療法食です。

 

低脂肪で脂肪の質にもこだわり、天然素材からのオメガ3脂肪酸を配合、犬の体に悪い脂肪の酸化を防ぐ低温手作り製法を確立しました。

 

また、不足しがちなタンパク質の摂取も脂身の少ない鶏肉や生魚など、無添加で良質な素材を用いることで、味気ない療法食とは一線を画し、再購入率が95%を超えています。

 

さらに、販売元は「マッシュルームデザインスタジオ/大和菌学研究所」という、人間相手の健康食品の販売を手掛けている会社で、キノコ菌が善玉菌を増やし免疫力を維持させる仕組みについても長年研究を続けています。

 

独自の善玉菌アップ技術により、病気で弱っている免疫力をキープさせ、合併症の予防や元気が無くなりがちなワンちゃんの活力を取り戻します。

 

 

臨床栄養|犬心糖&脂コントロール4つの特徴

 

 

 

犬心の効果を象徴する特徴として挙げられるのが次の4つになります。

 

 

2つの作用で血糖値コントロール

 

 

糖質の制限、犬の腸に合う食物繊維というダブルの働きで血糖値をコントロールします。
45%以下に調整した可消化性炭水化物(※犬の高血糖の推奨値は55%以下)、犬の腸に合った食物繊維を約8%に調整

 

 

オメガ3/5|良質な脂肪で実現させた低脂肪

 

単なる低脂肪ではなく、オメガ3脂肪酸・オメガ6脂肪酸による良質な低脂肪。さらに、犬の体に悪い脂肪の酸化を徹底的に取り除いています。

 

脂肪は5%に調整されてます。

 

 

良質なタンパク質など病気に必須の栄養バランス

 

甲状腺機能低下症をはじめとした、高血糖・高脂血トラブルの病気に対応した低カロリー。しかし、不足しがちなタンパク質は高消化性で、他にも必須なビタミン・ミネラル・アミノ酸をしっかりと補給させます。

 

タンパク質は約25%

 

腸の健康+免疫力の維持

 

免疫細胞の大半が集まる腸の健康に注目し、善玉菌を増加させることで善玉菌が餌とするコレステロール・中性脂肪を抑えます。また、善玉菌は免疫細胞に好影響を与え、食物繊維とのバランスで腸の健康も実現。さらに、免疫細胞に働きかけるβグルカン高含有のハナビラダケを配合するなど、さらなる合併症予防や活力維持にも効果的。

 

発酵性食物繊維・難消化性炭水化物・乳酸菌群・オリゴ糖による善玉菌増加、βグルカンによる免疫力キープを実現させています。

 

 

無料サンプルも

 

犬心・糖&脂コントロールには、無料サンプルが用意されており安心してお試しいただけるようになっています。

 

まとめ買いや定期コースを選択すると、無料サンプル200gを送ってもらうことができますので、ワンちゃんの食いつきを見ることが出来ます。

 

※まとめ買い・定期コースで割引あり。定期コースの割引率が一番良い。

 

 

ただ、いきなり全てを与えてしまうのではなく、フードの切り替え時は現状の食事に少量を混ぜるなどして数日かけて慣れさせてあげると失敗する可能性が高確率で無くなります。

 

詳しくは犬心の公式ページに案内がありますので、お確かめ頂ければと思います。

 

 

もう少し詳しく知りたい方は犬心の評判など詳細に評価した、犬心糖&脂コントロール@このドッグフードで本当にケアできる?のページをご覧ください。

 

 

犬が甲状腺機能低下症を発症した時の症状や原因・治療について

 

犬の甲状腺機能低下症は、喉にある甲状腺のトラブルなどにより、甲状腺ホルモンの分泌低下を起こし代謝トラブルなどを抱えてしまう疾患です。「高脂血・高血糖」を伴うことが多く、クッシング症候群・糖尿病・膵炎・高脂血症(脂質代謝異常症)などの合併症を併発しているケースも多い病気です。

 

特に、クッシング症候群との併発リスクが高く、この病気の50%は合併症として発症しているケースがあるそうです。
(※クッシング症候群についての詳細はコチラをご覧ください⇒ 犬のクッシング症候群について

 

甲状腺機能低下症の症状、その原因、治療法について簡潔に説明しておきます。

 

 

甲状腺機能低下症の症状って?

 

犬が甲状腺機能低下症を発症した時の主な症状は以下の通りです。

 

・肥満(太ってきた)
・筋力低下・元気喪失
・脱毛・体温調節の不調
・粘液水腫(ねんえきすいしゅ)※まぶたの腫れや浮腫・皮膚がブヨブヨになる
・神経症状(発作や動作失調など)

 

 

甲状腺機能低下症になる原因は?

 

犬が甲状腺機能低下症になる主な原因については以下の通りです。

 

この病気の原因については、甲状腺自体のトラブルによって起こる原発性疾患と、他の疾患からの合併症で2次的に病気になる続発性のものがあります。

 

原発性の甲状腺機能低下症の種類

 

・自己免疫疾患が起因するもの
・腫瘍による甲状腺組織の破壊
・突発性の甲状腺萎縮

 

 

続発性の甲状腺機能低下症

 

クッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)・糖尿病・膵炎などの病気から併発する2次的に病気を発症するのがこれに当たります。

 

 

甲状腺機能低下症の治療方法は?

 

・甲状腺ホルモンの投与
・食事管理による食事療法

 

 

※犬が甲状腺機能低下症を発症した時の症状や原因・治療について、もう少し詳しく知りたい方は、こちらの「⇒犬が甲状腺機能低下症になった時の症状@病気の合図を見逃すな! 」のページで詳細に解説していますので、そちらをご覧になって下さい。

 

※甲状腺機能低下症になった愛犬の食事療法に最適な療法食ドッグフードについてもう一度確認するなら ⇒犬の甲状腺機能低下症に適した療法食ドッグフード

 

 

高脂血気味の愛犬は要注意

 

甲状腺機能低下症の犬は高脂血や高血糖を伴うものですが、逆に高脂血気味のワンちゃんは糖尿病やクッシング症候群などの病気を発症しやすく、甲状腺機能低下症を含む高脂血・高血糖トラブルを招きやすくなります。

 

高脂血症での食事についても通じるものが多いので、高脂血を抱えている場合はこちらも併せてご覧になってみて下さい。

 

こちら⇒ 愛犬の高脂血症対策にお困りなら|食事のポイントやフードの選び方


トップへ戻る